メーカー非推奨!?M.ZUIKO超広角レンズにソフトフィルターを装着する方法。 | 43デジカメ*ラボ 43デジカメ*ラボ : メーカー非推奨!?M.ZUIKO超広角レンズにソフトフィルターを装着する方法。

2015-09-30

メーカー非推奨!?M.ZUIKO超広角レンズにソフトフィルターを装着する方法。

オリンパスが2015年に発売した2つの超広角レンズは、レンズが凸形なので前面にソフトフィルターを装着することができません。星景写真の本を色々調べてみると、レンズの前面ではなくマウント側にソフトフィルターを装着するようなので実際に試してみました。





前提として、レンズのリア部に下図赤丸部のような平らな面がある必要があります。2つの超広角レンズはどちらもリア側にフィルターを装着可能です。

M.ZD ED 8mm F1.8 Fisheyeのリア部

M.ZD ED 7-14mm F2.8のリア部

用意したのは、定番のケンコー「LEE角形ポリエステルフィルター SOFT No.3」と強力接着用の両面テープのみです。※リンク先はケンコーの商品紹介サイトで、星景写真の作例を見ることが出来ます。

2015年9月現在、No.3は品薄状態?!

フィルターをレンズ枠の大きさにはさみでカットします。8mm F1.8のレンズ枠の直径は28mmだったので、30mm程度に大きめにカットして装着後に調整しました。写真の時は黒いプラフレームの内側を確認するために剥がしましたが、柔らかい素材なので剥がさずそのままカットしてもOKかもしれません。

プラフレームを剥がす場合は慎重に

カットしたフィルターの四辺に両面テープを貼り、レンズ枠に合わせて余剰部分をカットして完成です。角は全て面取りしました。フィルターはとても薄いので、多少レンズの接点部分と重なっても支障ありません。

無事完成!

見た目変わらず(爆)


普段、取り外したフィルターをどこに収納するかというのも試行錯誤しましたが、最終的にリアキャップ裏側に落ち着きました。M.ZD 25mm F1.8のレンズ枠がM.ZD ED 8mm F1.8と同じ形状だったので、同じ方法で装着できました。




1ヶ月ほど使用してみましたが、特に大きな問題は起きていません。万が一剥がれ落ちたとしても画像センサーよりフィルターの方が大きいので、手前のカバーがフィルターを受け止めてくれると思います。


ただ、両面テープはいつか粘着力が落ちて貼り直す必要があることを考えると、キヤノンやシグマの魚眼レンズのようにフィルターポケットがあると便利です。レンズサイズに拘ったためにフィルターポケットは諦めたそうですが、キヤノンのようにフィルターポケットの金具をネジ止めする構造であれば実現可能だと思います。近い将来、OOCPのカスタマイズサービスでフィルターポケット付きに交換してもらえたら嬉しいですね。

キヤノンEF 8-15mm F4 製品マニュアルより

関連リンク