運動会のひとり反省会。OM-D E-M1で変わったこと変えたこと。 | 43デジカメ*ラボ 43デジカメ*ラボ : 運動会のひとり反省会。OM-D E-M1で変わったこと変えたこと。

2014-10-05

運動会のひとり反省会。OM-D E-M1で変わったこと変えたこと。

OM-D E-M1を購入して初めての運動会。今回の撮影機材は、OM-D E-M1とZD ED 70-300mm F4-5.6(+脚立)でした。新しい発見や失敗があったのでご紹介します。

◆プログラムをスマホに保存が便利

何気なくプログラムをスマホのカメラで撮って保存したのですが、、、なぜ今まで気付かなかったのだろう。管理がめちゃくちゃ楽でした。どこに入れたっけ?とカバンの中を探したり、風に飛ばされてしまうことが無くなった。これは定番になりそう。また、片耳イヤホンで好きな音楽を聴きながら撮影するということも始めました。テンポよく撮影できて集中力が持続するのでかなり良いです。OI.Shareで気軽に撮影結果を見るようになったし、後からアートフィルターをかけれるのも便利だ。撮影でのスマホ活用は今後も増えそうです。


◆新機能、シーンモード「流し撮り」

被写体に合わせて水平にカメラを振ってシャッターを切ることができれば、簡単に「流し撮り」を撮影できました。これはこれで面白いけれど、、、背景が波打っている失敗写真もあったので、撮影者の技量は従来通り必要。一発勝負の場面で「流し撮り」の採用は注意が必要だと思います。あまり速くカメラを振ると背景が流れすぎて超早い小学生みたいになるので、ゆっくり振って中央でパチリでも良いようです。

注)画質を粗くして掲載してます。

◆スチルVSビデオ

OM-D E-M1は、ビットレートが24Mbpsに向上してブロックノイズが低減されたので、積極的に動画を撮るようになりました。m4/3のMSC対応レンズであればC-AF&画面タッチでフォーカスエリアを簡単に変更できます。今まで ZD 70-300mm で工夫してビデオ撮影してきましたが、来年の運動会は M.ZD 75-300mm か 40-150mm PROに変えると思います。

高ビットレートだと撮影後に1コマ切り出しが可能

◆顔優先VS追尾AF

フォーサーズレンズが全然ダメかというとそんな事はなくて、C-AF+顔優先+連写Lの組み合わせであれば、AFが1枚1枚ピントを合わせてくれているのを確認できました。C-AF+顔優先はAFの遅いレンズでも動作が安定しています。最初にロックオンした被写体を追尾するC-AF(TR)+連写Lは、顔優先より追尾AFが優先されるので37点になりました。



◆子供と事前確認が重要

最後に失敗談を1つ。組体操を撮影していたら演技の後半からずっと背中を撮り続けることになってしまいました。グランドのどこで演技するというプリントは入手していたが、体の向きまでは聞いていなかった。。小学校高学年ともなるとグランド全体を使った演技をするんですね。。どこでもドアが必要でした。Orz