2013年12月26日木曜日

オリンパスのデジタル一眼レフ、E-420用のSDカード選び。

年末の大掃除ということで最近は書斎の机周りを掃除しまくっている。特にE-420は、昨年以降OM-Dシリーズにメインの座を奪われてホコリまみれ。ボディの塵をエアダスターで吹き飛ばしてボディを磨き、調子に乗ってフォーカシングスクリーンまで取り外した時に、フォーカシングスクリーンの表面に傷を付けてしまった。。Orz

今日からフォーカシングスクリーン無し!!(-_-;)

カメラを綺麗にすると撮影に行きたくなるもので、最近はE-420を携帯する機会が増えた。小型のフォーサーズカメラと、このパンケーキレンズの組み合わせが好きなんだと再認識。

「とある街の屋上で」E-420 + ZD 25mm F2.8

そんなデジタル一眼レフのE-420を使って撮影していて、OM-Dシリーズの良さを実感するのが5軸手ぶれ補正、ISO感度、露出補正の3つだ。今日も手ぶれ写真を量産してしまったし、EVFで露出補正やWBを撮影前に確認できるのがOM-Dシリーズの良いところだと思う。脇を締めて左手でカメラを固定して息を止めて、そっとシャッターを切る。その一連の動作の重要性を改めて思い出した。


昔のデジタル一眼レフカメラを自分で改善できる事として、CF変換アダプターを使ってメモリーカードをSDHC/SDXC対応にする(+Wi-Fi化)という方法がある。ざっと口コミを調べたところ、一番SDHC/SDXCカードと互換性の実績があるのがNO BRANDの「EXTREME CF アダプター SD/SDHC/SDXC to TypeII CF」のようである。これは、購入決定。

Wi-Fi内蔵のSDHCカード製品は2つ種類があって、Eye-Fiに代表されるメモリカード一体型のタイプとWi-FIアダブター+MicroSDHCのメモリカード分離型のタイプがある。

外部リンク
  • 遅いWiFi内蔵SDカードにサヨナラ!デジタル一眼レフのWiFi化なら絶対コレ!PQI Air Card http://hitoriblog.com/?p=12269 @hitoriblogさんから 
ふむふむ。Class10に対応した一体型はまだ高価だし、分離型はE-M5に良さそうだがE-420だと変換アダプターが2重になるのが少し心配...。とりあえず余剰のSDHCカードを挿して、どうしても出先でWi-Fi転送したい時はE-M1にSDHCカードを挿入する事にした。まぁ、USB CFリーダーが無くても読み取り可能になっただけでも良しとしましょう。

これでまた、しばらくE-420使えるなと思った瞬間。他のフォーサーズレンズが欲しくなりました。。(=o=;)レンズ沼コエー