2015年5月16日土曜日

蘇る伝説、OM-D E-M5 Mark IIリミテッドエディション登場。

CP+2015で先行展示されていたOM-D E-M5 Mark IIの特別色が、リミテッドエディションとなって発売されることが決定しました!OM一桁機 最後の機種である「OM-3Ti」のチタニウムカラーを再現。特製の本革ストラップ、オーナーズカードおよび本革カードケースがセットになった、全世界限定7000台の特別なカメラになります。オーナーズカードには、限定品を証明する通し番号と、OMシリーズを開発した米谷美久氏のメッセージが記されています。

本当に出ます!

米谷美久氏のメッセージ

「OM-3Ti」は、中古市場で価格が高騰していたOM-3の復刻を熱望するOMファンのために、1994年にオリンパス創立75周年記念モデルとして発売されたカメラです。オリンパスのサイトに、当時のカタログが公開されています。OM-3ボディの上板下板にチタン、塗装は新色のチタニウムカラーを採用。さらに性能も向上してボディ価格が20万円!とは、OMファンには衝撃的なニュースだったことでしょう。

現在の中古相場は10〜15万円!

ボディにアルミ合金、上板下板にチタンを採用

今回のリミテッドエディションは、CP+でのユーザーの声を反映して発売を決定したようなので歴史は繰り返すというか面白いですね。来年はズイコーレンズ生誕80周年を迎えます。本ブログのアンケートで現在トップを走る「ZUIKO 50mm F1.2」を復刻すると、E-M5 Mark II LEにぴったりでいいんじゃないかと思います(^^;;