オリンパスプラザ東京でE-5を見てきました。 | 43デジカメ*ラボ 43デジカメ*ラボ : オリンパスプラザ東京でE-5を見てきました。

2016-01-31

オリンパスプラザ東京でE-5を見てきました。

2016年1月、デジタルPEN-Fの発表の陰で、4/3のフラッグシップ機「E-5」がオリンパスオンラインショップでひっそりと販売終了となった。一度は真剣に購入を検討したカメラで、量販店に行く度に必ず見たり触ったりしてきたカメラでした。今日は、久々にE-520にZD 25mm F2.8を付けて、2012年のオリンパスプラザ東京へ時間旅行してみたいと思います。

ここは2012年3月1日のオリンパスプラザ東京(小川町)

この日のオリンパスプラザ東京は、OM-D E-M5のタッチ&トライができるということで大勢のお客さんで賑わっている。とにかくCP+2012は凄かった。OMファンの人達の熱気に触れたのはあの時が初めてで、みんな嬉しそうにOM-D E-M5を触る姿がとても新鮮でした。

フィルムのPEN−Fがお出迎え

フォーサーズコーナーへ移動します。テーブル中央には、E-5とZD ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD。両隣には、ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD と ZD ED 150mm F2.0 が展示されてます。4/3のフラッグシップ機の名称は単純に奇数でE-1, E-3, E-5と思ってましたが、実は2機種分の力を注いでいるというメッセージが込められている。

どどどぉぉーーん

ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

ZD ED 150mm F2.0

最初に試したのは50-200mm。50mmでOMシリーズを撮影。E-520では、SWDの実力を発揮できないと思ったが、あっさり70-300mmより快適にオートフォーカスが動作する。E-M1は、v1.4でフォーサーズレンズのAFレスポンスを改善。実用レベルにはなったが、E-5には及ばないというのが口コミでの評判です。

E-520 + ZD ED 50-200mm F2.8-3.5

続いて、E-520にZD ED 150mm F2.0を装着します。プレビューすると驚愕のボケ味。流石、SHGレンズだ。50-200mmと同様にオートフォーカスはE-5有利だが、画質はE-M1との組み合わせの方が評判が良い。

E-520 + ZD ED 150mm F2.0

最近はオールドレンズばかり目を向けていたけれど、所有するZD ED 50mm F2.0は、今もお気に入りのレンズの1つです。また、フォーサーズレンズに興味を持ってみようかな。