2013年版「風景写真に最適なF値。」 | 43デジカメ*ラボ 43デジカメ*ラボ : 2013年版「風景写真に最適なF値。」

2013-10-27

2013年版「風景写真に最適なF値。」

「風景を撮る時はF値を絞りましょう。」というE-420ファンブックのコメントをきっかけに自分で検証したのがちょうど3年前。それから風景を撮る時は必ず検証結果で最適だったF8で撮り続けてきました。

OM-D E-M5を購入した時も実はこっそり検証していて、、E-520のレンズキットであるZD 14-42mmとMZD 12-50mmのF8, F11は結果互角でした。超望遠での野鳥や月の撮影では更に絞った方が良いケースがありましたが、広角レンズでの風景写真ではF8というのが自分の中では基準になり、新製品の風景写真の実写サンプルがあるとF8〜11の写真を探すようになりました。これまで当Blogでご紹介している風景写真の実写サンプルは、なるべくF8〜11のものにしています。

さて、今回なぜ”2013年版「風景写真に最適なF値。」”としたのかというと、プロカメラマン田中希美男氏のBlogにて、”E-M1はF11でも回折ぼけが発生しない。”という記事を見たからです。「じゃぁ、自分でも比較検証してみよう!」と向かった先は、箱根の仙石原です。

到着して、さっそく三脚を設置して、、と思いましたが手を抜いてしましました。全て手持ち撮影です。。山に日が当たっていたので、そこにピントを合わせてE-M1とE-M5で2種類づつ撮りました。

Natural - F8, ISO200

Natural - F11, ISO200

まずは、E-M5+MZD 12-50mmのF8とF11です。いかがでしょうか。。確かにF11の方が山肌がぼやけてるような感じがします。これが回折ぼけなのか?!続いて、E-M1での撮影です。

Natural - F8, ISO200

Natural - F11, ISO200

E-M1と12-40mmのF8とF11ですが、山のてっぺんにある設備が比較しやすいと思います。やっぱりF8でいいんじゃないか?!と言いそうになりましたが、ぐっと我慢して新機能のHDR1で最終比較をしてみました。


HDR1 - F8, ISO200
HDR1 - F11, ISO200

これは合成なので嘘の写真になりますが、、、見栄えはHDRが一番いいですね。で、F8とF11の比較ですが、、、やはりF8の方が綺麗に撮れています。オリンパス機における風景写真に最適なF値は、3年前も今も同じでF8でよさそうです。

P.S
上記写真は、12mmで撮影したものを比較しやすいようにトリミングしてあります。E-M1の回折補正は、絞り過ぎで発生する画像劣化を従来機種の1〜2段分を助ける機能であって、これからも撮影側が絞り過ぎないように意識して撮影することが大事だと思います。
OM-D E-M1 + 12-35mm F2.8, 12mm F11 ISO200 HDR1で撮影