実際にM.ZD ED 75-300mm F4.8-6.7 II を見てきた感想。 | 43デジカメ*ラボ 43デジカメ*ラボ : 実際にM.ZD ED 75-300mm F4.8-6.7 II を見てきた感想。

2013-02-03

実際にM.ZD ED 75-300mm F4.8-6.7 II を見てきた感想。


今年もCP+に行って来ました。お目当ては、M.ZD ED 75-300mm F4.8-6.7 IIです。

M.ZD ED 75-300mm F4.8-6.7 II

昨年は、OM-Dのタッチ&トライの影響でレンズバーも激混みでしたが、今年はすんなり入れました。さっそく75-300mmをご指名して、自分のOM-Dに装着。そして、ズームリングを回した瞬間、衝撃が走る。Σ(゚Д゚)


「重い。」


すかさず担当者に質問したところ、I型は軽すぎてレンズを下に向けると勝手に伸びてしまう問題があったため、少し固くしたとの事。うーん。ズームリングはなるべく軽い方が嬉しいんだけど、勝手に伸びちゃうのも困るよねぇ…。

続いて、一緒に連れて行った子供達を被写体にして、AFテスト。MSC機構(Move&Still Compatible) に対応しているということで期待していましたが、一眼レフと比較してしまうと合致スピードは普通でしょうか。MMF-3経由の70-300mmより速いのは間違いないと思いますが、実際に外で使わないと性能が分からないというのが正直な感想。

それから、担当者にこのレンズをなぜ防塵防滴にしなかったのか聞いてみました。特に技術的に難しいとかそういうことは無いそうです。これは、一個人の意見に過ぎないけれど、かつて「星景写真ならキヤノン」と言われたように、「山カメラならOM-D」と言われるようにブランドを確立して欲しいと思います。今回、OM-D用にリニューアルしたのなら、防塵防滴にこだわって欲しかった。最後にシルバーの単焦点は、ブラックも出して欲しいと要望を伝えて10分間の レンズバーは終わりました。

今年の携帯ストラップはE-P3です(^^)

75-300mm IIの購入は、もう少し悩もう。。