2017年9月6日水曜日

Microsoft ICEで作る北アルプス燕岳のパノラマ風景写真。

北アルプスのクイーン「燕岳(つばくろだけ)」は、白い花崗岩がとても印象的な登山愛好家を魅了する山。メガネ岩、ゴリラ岩、イルカ岩などコミカルな名所やコマクサの群生などを見ながら、ゆる〜く楽しく登れる山でした。今回は、燕岳周辺を撮影した写真を使ってパノラマ写真を作成してみました。

P8290523_stitch


パノラマ写真の作成は、マイクロソフト社の研究機関が開発した「Image Composite Editor 2」を使用しました。英語版のみですが、シンプルな操作で複数の写真を自動合成してパノラマ写真を作成してくれます。興味のある方は、リンク先の解説ビデオを見てください。多少の切り欠きであれば、画像を自動補完する機能もあります。

Image Composite Editor - Microsoft Research

冒頭の写真は、上3枚、下3枚を重なるように撮影しておいた写真を1枚にしてみました。前回のRAW現像は、多くの写真をこってり仕上げにしたので、今回はすべて自然な仕上げです。パノラマ写真にすると臨場感が出てきて、頂上にいるときの感動が蘇ってきます。

P8290535_stitch2


Google マップによると、燕岳頂上では左から硫黄岳、湯俣岳、南真砂岳、野口五郎岳、三ツ岳と5つの山を眺めていたようです。

Google マップ

裏話をすると、この時リュックの中にフィッシュアイPROはあった。交換しようか迷って、結局12-40mm F2.8のまま撮影を続行。きっと、魚眼特有の歪んだ面白い写真が撮れたことでしょう。もっと言うと、PIXIを持参していたのでハイレゾショットも撮影できた。後の祭りですが、一瞬一瞬で変わる日差しを受けた山肌と、雲の隙間から見える青空の風景に夢中でした。

P8290512_stitch


さあ下山しよう!

P8290556_stitch

P8290567_stitch

P8290585_stitch


本当は山の上でもう一泊して、燕岳の夕景や星空写真を撮りたかった。下界とは異なる時間軸で働く山小屋の人達を見ていると、ちょっぴり羨ましく感じました。お土産は、安曇野ワイン、わさびドレッシング、そして雷鳥のたまごがオススメです(笑)

おしまい。