2017年9月14日木曜日

E-M1 Mark IIでネガフィルムをデジタルコピー。

フィルム好きが楽しんでいるデジタルコピー。これをm4/3のカメラを使って、ネガフィルムをデジタル化してみようというお話です。

◆用意したもの
MMF-3 →EX-25 →ZD ED 50mm F2 Macro →Kenkoフード52mm →ステップダウン55-52mm →Nikon ES-1

◆使用できるレンズ

m4/3ではM.ZD 12-50mm F3.5-6.3 EZのマクロモード, M.ZD ED 30mm F3.5 Macro+ステップアップリングは、直接ES-1を装着してデジタルコピーする事例があります。4/3ではZD 35mm F3.5とZD ED 50mm F2.0 Macroが定番。最短撮影距離は20cm以内、焦点距離35〜50mm辺りのマクロレンズがES-1と相性が良さそうです。パナソニックだと、LG 30mm F2.8 MacroとLEICA 45mm F2.8 Macroが使えると思います。

最短撮影距離が20cm以上でも、ZD ED 50mm F2.0 Macroのように接写リングや連結フードを使ってES-1の位置を調整すれば使用できます。上記の構成にもう1つ同じフードを加えるとフレームを残して撮影できますが、あとでトリムするのが面倒になって少しトリムした状態で撮影される現在の構成になりました。我が家はフォーサーズの資産が沢山あるのでZD ED 50mm F2.0 Macroを選択しましたが、いまEX-25が新品で4,000円とか改めて時代を感じてしまいます...


◆フィルム保護カバー

何も考えずにネガフィルムをES-1に差し込んだところ、フィルムに傷が(ノД`)。。。慌ててFUJICOLORプラスチックマウントを購入して、穴開き側を2つセロテープで貼り合わせて自作しました。フィルムを差し込んだ時に上下しないように、マウントの両脇にセロテープでストッパーを付けてあります。



◆光源

LEDライトを壁にバウンスさせて、フィルム全体にムラなく光が当たるようにしています。光量が適切かどうかは、液晶モニターのヒストグラムを参考にします。使用しているLEDライトは、パナソニック LEDデスクスタンド SQ-LC522で、昼光色6200k, 演色Ra85です。ニコンの解説によると、高演色性蛍光灯やライトボックスなどRa(平均演色評価数)の高い光源がおすすめで、自然光は季節や時刻で色温度が変化するので注意が必要です。




ネガフィルム用の撮影設定

シャッターを押下したときの振動が収まるように♥静音タイマー5秒にしてます。ハイレゾショットで撮影しても面白いかもしれませんね。ピント合わせはAFでもOKですが、MFを使用する場合はピーキングをONにします。各々の撮影設定は、フジカラーCDの写真データを反転させたものをお手本にして、液晶モニターの表示が同じ状態になるまで調整しました。
 


F値:F8〜F11 *可能な限り絞る。ただし、F11以上絞ると小さな埃が写り込みやすくなるので注意です。E-M1MarkIIとZD ED 50mm F2 Macroは、F22まで絞ってもJPEG/RAW共に画像が劣化することはありませんでした。

ISO:Low
WB:*使用するフィルム、光源、カラーフィルターの有無や不透明度に応じて設定を変えます。
階調:Low
アスペクト:3:2
仕上がり:PortraitまたはVivid

以下の設定は、好みで調整してください。

コントラスト:+2
シャープネス:+2
彩度:+1
ハイライト:+2
シャドウ:−2
中間部:−2

DIGITAL COPY(Original - Inverted colors))
お手本にしたフジカラーCD(KODAK400)の反転写真

色補正フィルター(隠し味)

このまま撮影してもOKですが、どうしてもKODAK400特有の写真全体が青みがかった色合いが出せません。何か良いものは無いかと調べた結果、NEEWERストロボ用カラーフィルターの中に薄い青紫のフィルターを発見。これをES-1の前面に被せたところ、仕上がりがオリンパスブルーのような青空に変わりました。Σ(゚Д゚) ニコンES-1のマニュアルには「カラーフィルムの種類に応じて光源の選択が必要。」とありますが、色補正フィルターを使うことでフィルムの個性を強調したり、自分好みの仕上がりに変えることができます。



CCフィルター | 富士フイルム

◆KODAK400の現像結果

  • フジカラーCD(200万画素相当)

      DIGITAL COPY(Original)


        • デジタルコピー(WB2650K。カラーフィルター無し、Picasaで反転後コントラスト調整したもの)

        DIGITAL COPY


          • デジタルコピー+α(WB2650K。カラーフィルター有り、Picasaで反転後コントラスト調整したもの)

          DIGITAL COPY + α



          ◆写ルンですの現像結果

          •  フジカラーCD(200万画素相当)

            DIGITAL COPY(FUJICOLOR CD)


              • デジタルコピー(ワンタッチWB。カラーフィルター無し、Picasaで反転後コントラスト、色、色温度を調整したもの)

                DIGITAL COPY


                デジタルコピー+α(WB3200K。カラーフィルター有り、Picasaで反転後コントラスト、色、色温度を調整したもの)


                DIGITAL COPY + α


                カラーフィルター無しでも再現性の高いデータになりましたが、水色のカラーフィルターを付けるとまた違った雰囲気の写真を現像できました。



                ◆KODAK200の現像結果

                EOS KissにZUIKO 135mm F3.5を付けて撮影した時の写真です。2014年にフジカラーCDの現像が戻ってきた時に、全ての写真の仕上がりが暗くてとても意外だった記憶があります。

                • フジカラーCD(200万画素相当)
                Film EOS Kiss III + ZUIKO 135mm F3.5


                色補正フィルターなしでデジタルコピーするとシャドウが強調された仕上がりにはならないため、機械で自動補正された写真なんだろうと思います。この写真のEXIFにはSP−2000とあり、2001年に販売を開始したラボ装置のようです。

                販売終了品(デジタルミニラボシステム(フロンティア)) | 富士フイルム

                • デジタルコピー+α(WB2450K。カラーフィルター有り、Picasaで反転後コントラストと明るさを調整したもの)

                DIGITAL COPY


                水色や青紫のフィルターだとイメージに合わず、あえて薄いオレンジのフィルターを重ねてみました。あれこれ色補正フィルターを試していると、我が家に小さなラボ工房ができたみたい。手軽にデジタルコピーできる仕組みを考えてくれたカメラメーカーと先人達には感謝です。



                ◆参考記事(Photoshop, Lightroomお持ちの方はこちら)