2017年7月9日日曜日

初代E-M5、E-M1とZUIKO AUTO-S 40mm F2 雑感。

ZUIKO AUTO-S 40mm F2。当初の目的はOM-1用だったのだが一向にフィルムが消化されない。諸悪の根源はE-M1 Mark IIである。マイクロフォーサーズはFF換算だと焦点距離が2倍。寄れる45mm F1.8みたいなレンズになるので、撮影していて楽しいのです。

とんこつラーメン



ちょっとお試しでE-M5で使ってみたら、これがまた良い。元祖ソニーセンサー。ピーキングは無いし、Wi-Fi転送も無いのでお勧めはしませんが。もう保守パーツが無いので、壊れたらオリンパスは修理できないはず。(世代的に苦肉の策だが)星景写真では暗部を持ち上げるASATモードが役立つんだけど、日中は使わない方がより立体的に撮影できます。

Summer-flowering cosmos / 夏咲きコスモス -2/4
夏咲きのコスモス

初代E-M1のパナセンサーではどうなんだと。使ってみたらピーキングは使えるし、完全無音の電子シャッターがあるので、この組み合わせはストリートスナップ向きかもしれん。この写真は、SS1/50s、ISO1600。結構画質に満足してしまって、自分はE-M1 Mark IIを買う必要があったんだろうかと一瞬思った。古いレンズを使用すると、画質の許容範囲が広がってしまうのか?

藤沢駅北口



フリーズの件で色々調べた時に気付いたのですが、バッテリーが持つと言われていたデジタル一眼レフは、多機能化・高性能化して持たなくなってるんですね。ユーザーがバッテリーの不満を持っていない機種は、デジタル一眼レフとミラーレス一眼を合わせても、ほんの一握りだ。スマートフォンと同じようにスリープさせたり液晶の明るさを落としたりと、まだまだ人間が気を使いながら撮影しなきゃいけないんですね。AFを使わないオールドレンズは、現代のカメラに優しいレンズなのかもしれない。