2017年6月10日土曜日

OM-D E-M1 Mark II で運動会撮影。

今日は、OM-D E-M1 Mark IIを購入して、初めての運動会でした。機材は、E-M1 Mark IIと40-150mm F2.8 PROだけで挑みました。結果はというと、、、

E-M1 Mark II + M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO


◆結局、惨敗。。

今年も我が子の写真はイマイチで、練習で撮った他の子の写真の方が出来が良いというジンクスは健在でした。なぜ我が子の時だけ、手前に先生が立ったり、他のチームが重なって通り過ぎたりするのだろう。。不思議だ(*_*; 毎回、同級生同士が助け合ったり、ハプニングが起きて笑ったりして「青春だなぁ。」って感動するのは一緒でしたけど。そうそう、カミさんのE-P5+45-175mmセットは、確実に結果を残しておりました。iAUTOおそるべし(ノД`)ウッ

E-M1 Mark II + M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO



◆徒競走は「5点グループターゲット」で決まり

ベースは野鳥撮影で紹介したスポーツ写真モード。そこから撮影しながら設定を調整していきました。実は、運動会の前に公園で練習したときに、かけっこの撮影は5点グループターゲットとC-AF追従感度+2が一番良かったんです。今日改めて再確認しましたが、やはり徒競走系は人型の5点グループターゲットが失敗し難い。ただ、前述したように運動会では想像以上にカメラの前を横切る人が多かったので、途中からC-AF追従感度は+1〜±0にしました。

43デジカメ*ラボ : OM-D E-M1 Mark II で野鳥撮影。


◆徒競走の撮影の流れ

以下、次回の運動会はこれで行こうと決めたことを、Step by Stepで書いておきます。被写体は、左奥から右手前のコーナーを走り抜ける子供達。事前の仕込みは以下の2つ。

(1)ボケ重視:C2にAモードでスポーツ写真モード設定
(2)躍動感重視:(1)をカスタム呼出でSモードにロード

  1. モードダイヤルで(1)または(2)をセット
  2. フードの下側を右手の人さし指で固定(以下継続)
  3. ズームリングを70mmにセット
  4. C2であればF2.8、SモードであればSS1/1250をセット(2回目以降は確認のみ)
  5. AEL/AFLボタンを押下してAFスタート(以下継続)
  6. 5点グループターゲットの中心に被写体を入れ続ける(以下継続)
  7. ピントの合焦を確認後、ポン、ポン、ポンとシャッターを切る
  8. 画角を変えたいときは、ポン、ポン、ポンの間にズームリングを回す

これまでは(1)のような撮り方はピンボケが怖くて避けてきましたが、E-M1 Mark IIであれば問題なく撮影できる。それが今日の撮影で分かっただけでも、良しとしましょう^^;

E-M1 Mark II + M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO