2017年6月4日日曜日

超簡単!三脚テーブルを自作してみた♪

カメラ好きならみんな持ってる三脚。これをテーブルとして使用する既製品が幾つかありますが、星景写真を始めてから部屋に三脚を設置したままにすることが増えたので、三脚テーブルを自作してみました。

◆用意したもの


◆テーブル選びのコツ


テーブルの素材をどれにするかホームセンターに行って数日考えたのですが、工作コーナーではなくキッチン用品売場が意外と穴場かも。ここに落し蓋や漬物用押蓋など三脚テーブルに適した商品がたくさん売ってます。木製なので同じ模様はありません。世界で1つだけのテーブルとなるので、木目模様とサイズ選びは慎重に。中央にカメラネジアダプターを埋め込むので、厚さが1cm以上のものが必要です。これをひっくり返してテーブルとして使用します。



特にレベルが高いと感じたのが市原木工所の業務用押蓋30cm。材質はスプルースで、軽軟で弾力性があるので一般的にはログハウスや家具の材料として使用されているようです。手触りもよく、カメラや小物を置いたりする三脚テーブルとして適材です。

株式会社 市原木工所/木材の特徴


◆作り方
  1. 取っ手側の円の中心に鉛筆で十字のしるしを付ける。
  2. 木工用ショートビット9mmを電動ドリルに付けて8〜10mmの穴をあける。保険で床と板の間に当て木を挟んでおくと安心。

    少しずつ慎重に。

    深さは8〜10mmがベスト

  3. カメラネジアダプターを板と水平に置き、マイナスドライバーで回して終わり!Σ(゚Д゚)

    クリン、クリンと超簡単!


自分の三脚テーブルは一眼レフ用の自由雲台に付けていることもありますが、ミラーレスのカメラ、レンズは勿論、MBAのちょい作業でも頑丈で問題なし。普段使いでは小物類をひょいっと置けるのがかなり便利です。ただ、くるくる回してテーブルを取り付けるのが少し面倒なので、テーブル側にクイックシューを装着するのはアリかもしれない。簡単に作れて満足度の高い仕上がりになるので、興味のある方は是非試してみてください👼🏻