2016年11月23日水曜日

11月22日にZD 11-22mm F2.8-3.5を購入した話。

中古ショップで2万円でした。現在、オリンパスのホームページからZUIKO DIGITALのページはすべて闇に葬り去られてしまいましたが、フォーサーズ初期の鉄板レンズの1本との事なので購入してみました。

ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5
  • 防塵防滴
  • 10群12枚
  • 最短撮影距離 28cm
  • 485g 
GM1S + 17mm F1.8 で撮影


2004年2月に発売されたハイグレードレンズで日本製。ズームリングやフォーカスリングがゴムなので、これからの季節はひんやりしなくていい感じ。同梱のレンズキャップLC-72は内側つまみに未対応だったので、以前40-150PRO用に購入したLC-72Bに交換しました。最新のm4/3ボディでフォーサーズレンズのAFが昔と同等かそれ以上に動き、そして画質もおそらく本来の性能を引き出せそうなので、PROレンズや PREMIUMレンズと同じようにフォーサーズレンズも仲間に入れたい。もう誰も興味を持たない分野かもしれません。深入りは禁物だし、何も変わらないかもしれないけれど。




E-M1とE-M5に11-22mmを付けて星空を撮影してきました。距離指標が大きくて見やすいので簡単にピントを合わせることができます。これだけでこのレンズを気に入ってしまった。フィッシュアイPROの写りとコンパクトなボディには満足しているけど、距離指標はやはり必要だったのではないか。または、ボディ側でパナソニックのようなMFガイドをサポートして欲しいと切に願います。

OM-D E-M1 + ZD 11-22mm F2.8-3.5
OM-D E-M1 + ZD 11-22mm F2.8-3.5

換算22mmは定番の24mmより少しだけ広角な仕様ですが、実際に使用してみると2mmの差は意外と大きい。M.ZD ED 12-40mm F2.8 PROと撮り比べてみましたが、星景写真の画角は11-22mmの方が好みです。ということは、M.ZD ED 7-14mm F2.8を購入すれば良かったんじゃないかと思ったのは内緒です^^; 下の写真は光害がひどい場所だったので、カメラの仕上がりを印象的な設定に変えて撮影しました。

E-M5 + ZD 11-22mm F2.8-3.5
OM-D E-M5 + ZD 11-22mm F2.8-3.5

場所は変わって夜の鎌倉へ。無意識にズームして撮った画角が換算34mm。不思議と定番の画角になってました。F値は3.2で、こういった場面ではF2.8通しのズームレンズの方が有利です。しかし、優等生タイプより少し癖のある方が記憶に残るのかもしれません。特に大きな欠点が見当たらず、現時点では鉄板レンズに偽りなしという印象です。

PC040316
OM-D E-M1 + ZD 11-22mm F2.8-3.5

更に場所は変わって、ここは七里ガ浜。写真が徐々に明るくなってきました。^^; OM-D E-M1 Mark II と M.ZD ED 12-100mm F4.0 PRO 人気の影響で、初代E-M1 + M.ZD ED 12-40mm F2.8 PRO レンズキットが投げ売りされているそうです。12-100mmはフォーサーズ時代のHGレンズと同じサイズなので、写りはピカイチでしょうね。11-22mmを使って風景を撮影していると、周辺減光しにくいメリットを日々感じています。


OM-D E-M1 + ZD 11-22mm F2.8-3.5
OM-D E-M1 + ZD 11-22mm F2.8-3.5