2016年7月15日金曜日

超軽量&コンパクト!星景写真用のトラベル三脚選び。

マンフロットがトラベル三脚「befree one」の大幅値下げを発表しました。7/15より定価24,600円を19,000円にするということで、大変魅力的な価格改訂です。現在、マンフロットJPストアは7/31までクリアランスセール中で、「befree one」の販売価格は16,416円となっています。

*画像クリックでマンフロットJPストアにジャンプします。

星景写真を撮影するようになり、三脚をリュックに入れて移動する機会が増えました。以前は、ベルボンのウルトラシリーズを使用していましたが紛失。その後、浅沼商会の中型三脚「C-4i」を購入したのですが、収納時のサイズが嵩張る感じです。。そういった声が多かったのか、脚を雲台側に折りたたむことでコンパクトに収納できるトラベル三脚が各社からライナップされるようになりました。

メーカーベルボンマンフロット浅沼商会バンガードジッツォ
型名UT-43Qbefree oneC-4i PLUSVEO 265CBGK0545T
素材アルミニウムアルミニウムアルミニウムカーボンカーボン
最大耐荷重2 kg2.5 kg3 kg8 kg10 kg
収納高27.2 cm32 cm39.5 cm39 cm36.5 cm
全伸高
(EV伸長時)
155 cm113 cm 145 cm150 cm133 cm
重量1.08 kg1.35 kg1.3 kg 1.5 kg1.29 kg
 
旅行用としては収納に優れたベルボンかマンフロットだが、さすがに耐荷重が心許ない。やはりバンガードかジッツォか...。なかなか決められないので、所有する「C-4i」をトラベル三脚風にカスタマイズしてみることにしました。

エレベーターと脚の取り外し

星景写真は、風の影響を受けないようにエレベーターや脚の下段側は滅多に使用しません。「C-4i 」の3つの脚は、パイプロックをくるくると反時計周りに回すと簡単に外せます。これで224gの軽量化に成功。


脚がアルミ剥き出しになるので、新たに石突ゴムが必要になります。SLIKの三脚アクセサリー「17mm石突ゴムセット」を購入。中段パイプの直径が18mmなので簡単に外れることは無さそう。


更に中段を外すと格納時のサイズを「ジッツォ」並にコンパクト化できる。とりあえず試してみたところ、202g軽量化できた。尚、「C-4i」はシンプルな造りなので、中段が必要になった時はまたくるくる回して取り付ければ良いのである。やるな、浅沼商会!(調べてみると過去にこんな商品も出している...)


同様にアルミが剥き出しになるので、石突ゴムが必要になります。SLIKの三脚アクセサリー「20mm石突ゴムセット」を購入。ゴムがなぜか17mmタイプより造りが良い。上段パイプの直径が21mmなので、これまたジャストフィット。


最終的に三脚単体の重量は688gとなった。とても軽い。OM-Dとナノトラッカーを載せてみたが、非常に安定していて良い星景写真が撮れそうである。積載量は、約1.8 kg(赤道儀一式 1,060g、カメラ812g)。積載量が3kgを超える場合は、マンフロットの「befree carbon」、 バンガードの「VEO 265CB」、ジッツォの「GK0545T」などカーボン素材のトラベル三脚が良さそうです。