2015年12月6日日曜日

電子シャッターは実用できる?OM-D E-M1 Ver.4.0の動体追従性能。

2015年11月26日にOM-D E-M1のファームウェア Ver.4.0がリリースされました。盛り沢山のアップデートの中で、個人的に一番気になったのが電子シャッターの実用性です。演奏会などで、シャッター音を出したくない時に使うのが本来の目的のようですが、動体撮影ではどの程度使えるものなのか検証しました。

OM−D E-M1 + M.ZD ED 40-150mm F2.8 Pro + MC-14


電子シャッターを使用して最初の1週間は、「低振動モード0秒のようにシャープに撮れるなぁ。」というのが第一印象。カメラをゆっくり動かして被写体を捕捉する場合は「ローリングシャッター歪み」の問題は発生しないようです。



以下は動体ではありませんが、、、無音なので連写Hで野鳥が逃げません!これまで、シャッター音で何度悔しい思いをしたことか。これは本当に待ち望んだ機能であります。(。-人-。) アリガタヤ~

OM−D E-M1 + M.ZD ED 40-150mm F2.8 Pro + MC-14
連写しても逃げません(^^♪

メカC-AF + 連写Hでシャッターを切っている間だけ、37点の像面位相差AFの枠が表示される点についてオリンパスに確認したのですが、従来通り全てのモードでC-AF + 連写H/Lは像面位相差AF(マイクロフォーサーズレンズの場合は+コントラストAFを併用)が動作しているとの事です。ただし連写速度についてはメカシャッターと電子シャッターで違いがあるので、詳細はOM-D E-M1の動体AF機能一覧の”◆連写H/L設定”を参照してください。


◆12月某日、曇天

カメラ:OM-D E-M1
レンズ:M.ZD ED 40-150mm F2.8 Pro + MC-14
被写体:バイク
AF設定:C-AF + 連写H, グループターゲット, 顔優先AF ON, AFロックオン強
測 光:デジタルESP測光

「ローリングシャッター歪み」をどうしても体験したかったので、もう少し動きの速い被写体で検証したのが以下です。前回の運動会の反省を踏まえて、今回は「デジタルESP測光」、「AFロックオン強」で撮影。親指AFを割り当てたAEL/AFLボタンでAFをスタートさせて、EVFで被写体の捕捉を確認したあとにシャッターを切り続けました。

No.焦点距離連写枚数AF方式合焦率(%)成功失敗コメント
195mm36電子100360構図内に他の動体無し。
277mm35メカ100350構図内に他の動体有り。

規則正しい動きの被写体なので失敗は電子・メカ共に0枚。しかし、電子シャッターは、これでもかというくらい全コマで写真が傾きました。現時点では、モータースポーツ系は電子シャッターは禁じ手となりそうです。ただし、次世代CMOSセンサーは読み込み速度が向上しているようなので、解決するのは時間の問題かもしれません。

全コマで「ローリングシャッター歪み」が発生
メカシャッターでは問題なし