2015年7月30日木曜日

M.ZD ED 8mm F1.8 Fisheye Pro雑感。

M.ZD ED 8mm F1.8 Fisheye Proを購入して、早いもので1ヶ月が経ちました。購入前は、特殊レンズということで上手に使いこなせるだろうかと不安がありましたが、自分の好きな構図 を見つけてからは、意外と普段使いも問題ないのではないかと思い始めています。


魚眼レンズは、カメラを水平にして撮影すると歪曲の少ない超広角レンズとして使用できます。また、アスペクト比を16:9で撮影すると、上下がトリ ムされて被写体が若干クローズアップされた写真になります。特に大勢の人を撮影するときは4:3だと顔の表情が分からなくなってしまうので、16:9が結 構お勧めです。

OM-D E-M5 + M.ZD ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

広大な風景を画面いっぱいに残したい時は、4:3や3:2も良いです。あとでアスペクト比を変更できるように+RAWで撮影しておくと安心です。魚眼レン ズは肉眼よりも広い範囲を切り取るので、画面の隅々まで配置に気を配るようになりました。なにか興奮作用が働くのか、フィッシュアイPROを装着すると撮 影枚数がグンと上がる、ということもここに記しておきます。とにかく夢中になってしまうレンズなのです。

P7180036

フィッシュアイPROと同じ対角線魚眼レンズを最初に発売したのは旭光学で、1963年のFish-eye Takumar 18mm F11が世界初となります。(p_-)ヘェー 「全天記録装置」として気象庁がニコンに特注した全周魚眼付きカメラが1938年なので、それから25年後に一般撮影用の魚眼レンズが誕生した訳です。歴史を知ると、m4/3の対角線魚眼レンズを全部揃えたい衝動に駆られましたが、色々調べてみると今のところフィッシュアイPROが最高峰みたいなので、ここはぐっと我慢の子です。

OM-D E-M1 + M.ZD ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


天の川撮影に向けて、少しづつですが準備を始めています。デジカメWatchで紹介されていたレンズのリアに付けるポリエステルフィルターを購入しました。まずは近所で練習しないといけません。でも家にいるときは、子供と一緒に寝ちゃうんですよね。
OM-D E-M1 + M.ZD ED 8mm F1.8 Fisheye PRO


関連リンク