2014年2月16日日曜日

実際にOM-D E-M1に”あの”レンズつけて撮ってみた感想。

 CP+2014で気になるレンズをOM-D E-M1で試してきました。レンズにまつわる話も織り交ぜながらご紹介したいと思います。

◆Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2

最短撮影距離:0.5m
フィルター径:67mm
重量:425g

DMC-GM1 by LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
DMC-GM1 by OM-D E-M1 + LEICA DG NOCTIRON 42.5mm F1.2

「マイクロフォーサーズのメリットとは何だ。」と基本に立ち返って生まれたのがDMC-GM1、をノクチクロンで撮影。いかがでしょうか、このとろけるようなボケ味。こちらのライカDGレンズの開発者インタビュー記事によると、わざと周辺を甘く設計するのが被写体を立体的に見せる秘密のようです。m4/3のライカDGレンズの製造は基本的にすべてパナソニックが行っているが、厳しいライカ基準を検査でクリアできないと出荷できないとの事でした。

レンズの絞りリングがオリンパスのボディで連動しない問題があり、現時点では絞りリングをAに合わせて使用する必要がある。

http://panasonic.jp/dc/lens/leica_dg_nocticron_42_5.html
 *画像クリックで公式サイトにジャンプします。


◆関連記事


◆SIGMA 60mm F2.8 DN

最短撮影距離:0.5m
フィルター径:46mm
重量:190g
Sigma DP3 by SIGMA 60mm F2.8 DN
DP Quattro by OM-D E-M1 + SIGMA 60mm F2.8 DN

話題のカメラdp2 QuattroをSIGMAのm4/3向け最強レンズ60mm F2.8 DNで撮影した写真です。DxOMarkのスコアが高いので個人的に気になっていました。EX DNとDNの型番の違いは、光学性能は全く一緒でフード付きにしてDNに統一したため。MF時のピーキングの表示が12-40mmと比較するとやや控えめに感じたが、特にそういった声は今まで無いそうです(^^;; 人気のカラーはブラックで説明員イチオシのレンズでした。

http://www.sigma-photo.co.jp/lens/dn/60_28_A013/
 *画像クリックで公式サイトにジャンプします。




◆Tamron 14-150mm F3.5-5.8 Di III VC

最短撮影距離: 0.5mm
フィルター径:52mm
重量:280g

実写サンプルはありません。。オリ・パナボディとの互換性の調整に時間がかかっていて発売時期は未定との事でした。

http://www.tamron.co.jp/news/release_2013/0129.html

*画像クリックで公式サイトにジャンプします。


 ◆関連記事





◆Olympus M.ZD 25mm F1.8

最短撮影距離: 0.25mm
フィルター径:46mm
重量:137g

By M.ZD 25mm F1.8
OM-D E-M1 + M.ZD 25mm F1.8

M.ZD 25mm F1.8は、既に所有しているZD 25mm F2.8と似たような光学性能なので悩ましい存在だ。PENコーナーが恐ろしいほど空いていて、E-M1に付けていいですかと聞いたらOKしてもらえました。ただ、E-P5と25mm F1.8はバンドで連結されていたので、右手にE-M1、左手にE-P5という訳の分からない状態になり、フォーカスリングなど試せず(笑)このレンズより今後のPENが心配になり、説明員にDMC-GM1のようなPENを出してくれたら買うとだけ伝えた。という訳で全く参考にならないと思うので、Robinさんの25mm F1.8レビュー記事のリンクを貼っておきます。

http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/25_18/
 *画像クリックで公式サイトにジャンプします。




そして、この中から散々悩んで購入したレンズは、、、★★★