2013年10月25日金曜日

オリンパスのPROレンズって何が凄い?!所有レンズでAF周りを色々と試した結果。

OM-D E-M1レンズキットを購入してから1週間が経ちました。日々、E-M1とPROレンズの高性能っぷりに感心する毎日ですが、今回はAFの合焦スピードについてお話したいと思います。
OM-D E-M1 + 12-40mm F2.8

自分はオリンパスのデジタル一眼レフからスタートして昨年E-M5に移行したので、フォーサーズとマイクロフォーサーズ両方のレンズを所有してます。

所有レンズ一覧
  • ZD 25mm F2.8
  • ZD 50mm F2.0
  • ZD 70-300mm F4.0-5.6
  • MZD 12-50mm F3.5-6.3
  • MZD 12-40mm F2.8
  • Panasonic 20mm F1.7 
  • MZD 45mm F1.8 
最近、ZUIKOレンズを追加しはじめていますが、、それは置いといて。。まず、AF周りを色々と試した結果、以下の設定に落ち着きました。

AF周りの基本設定
  • S-AF +MF
  • 中央重点
  • グループターゲット

これが一番、どの時代のレンズでもオールマイティーに対応できると思いました。FTレンズでシングルおよびスモールターゲットを選択すると、被写体によってはAFが迷う場面が増える印象です。E-M5のシングルターゲット≒E-M1のグループターゲットの性能差があるのではないかと感じています。
E-M1
E-M5
*オリンパスの商品解説ページより


E-M1は 4/3レンズだろうがm4/3レンズだろうがピッ、ピッと一瞬で合焦してくれます。E-M1はレリーズの反応がE-M5より速いので、とても快適に撮影できます。カメラと被写体が水平でない時や少し薄暗い場所などを撮影すると、4/3レンズはさすがに合焦するまで時間がかかります。といっても従来と比べたら十分速いですけど。「ガガガピッ!」って感じです。4/3レンズが自分の所有するデジタル一眼レフ並に動作するので最初は喜んでいましたが、、、PROレンズで同じように一連の動作を試したところ、その考えがふっ飛びました。。

まずAFの音がしません。ほぼ無音かつ一瞬で合焦します。同じリニアモーター駆動を採用している12−50mmと12-40mmが我が家では最速だと思います。FAST AFに偽りなし。さらに12−40mmだけは、どんな方向にカメラを向けてもピッ、ピッと一瞬で合焦してくれます。この万能性は自分が所有するレンズの中では、12-40mmだけです。

更に驚いたのが、、これは至近距離の撮影で体験できるのですが、被写体に寄りすぎるとAFは大きく迷いますよね。おっ流石にこれは迷ったかーと思った次の瞬間、ピッっと合焦します。。一体どうやって合焦させているのでしょう???オリンパスは間違いなくコントラストAFで世界トップクラスの技術を持っていると思います。

ということで、E-M1と12−40mm F2.8の組み合わせが我が家では最強の組み合わせであることが分かりました。撮りたい!と思った瞬間に確実にカメラ側は答えてくれる。あとは撮影側の腕次第。

失敗が許されない撮影で、最善を尽くしたいという人達のために、このカメラとPROレンズは存在しているのです。