2013年2月10日日曜日

オリンパスOM好き必見の映画『神様のカルテ』を観た感想。

今更な話ですが、映画『神様のカルテ』を観ました。レンタル屋で「なんかカメラがOLYMPUSっぽいなー。宮崎あおいだし。」と、それを確認するためだけに借りましたが、公開当時は、結構OMファンの間で話題になった作品だったようで。。


この映画を簡単に説明すると、『ブラックジャックによろしく』的な医療現場の話で、その主人公の妻が世界中を回る山岳写真家という設定。映画の冒頭から華奢な女性が重量級の三脚担いで南アルプス連峰の写真を撮るシーンに度肝を抜かれます。このシーンの撮影地の美ヶ原高原は、車で行ける標高約2,000mの高原で、その広大な自然の映像はこの映画の見どころのひとつでしょう。


個人的には、三脚とカメラをクイックシューにしていたり、露出計を肩から下げていたり、彼女の傍らにエアーダスターが置いてあったりと小物類にこだわりがあて、なかなか楽しめました。Σ(゚Д゚)ソコカイ !!


さて、この女性で山岳写真家という肩書、実際にいるのかと調べたところ、なんと2人いました。一人は、中国の紫笛依揚(ズーディ・イーヤン)さん。今はアイスクライミングに夢中のようです。彼女のブログで驚愕の写真をたくさん見ることができます。

愛機はキヤノン。

もう一人は、野川かさねさん。山の写真をライフワークとして活動されています。
愛機はニコンFM2。

彼女達のバイタリティーあふれる活動や山の写真を見ていると、カメラを持って山へ出かけたくなります。またMZD ED 12mm F2.0が欲しくなってしまった。。(>_<)ガマンガマン!!

[PR] ブラックジャックによろしく

「ブラックジャックによろしく」のKindle版は、無料で読めます。