2013年1月13日日曜日

スーパースパイラルバロウバッグ♯3の使用感。

モンベルのマミー型シュラフの定番、スーパースパイラルバロウバッグ♯3を購入して、初めて使用する機会があったのでご紹介します。場所は、富士山の近くにある富士スピードウェイの駐車場。家族で車中泊するのは、初めての体験です。

購入したのはBASM(R)x3、SURD(L)x1



仕様

【素材】表地:40デニール・スーパーマルチ・ナイロン・タフタ[超耐久撥水加工]
【重量】1,050g(1,085g)※( )内はスタッフバッグを含む総重量
【カラー】バルサム(BASM)/ サンライズレッド(SURD)
【サイズ】R/ZIP:右ジッパー、L/ZIP:左ジッパー
【収納サイズ】φ18×36cm(7.3L)
【コンフォート温度】6℃
【リミット温度】1℃
【適応身長】~183cm



◆午前0時  就寝

これまで寒い場所でキャンプをする時は、ダウンジャケットを着たまま封筒型シュラフで寝ていました。薄手の長袖とタイツだけでシュラフに入ると、かなり開放感があって、車中とはいえ外でこのままで寝れることに幸せを感じる。外灯の光が眩しく、脱いだ上着でフロントガラスを覆う。車中泊は、サンシェードがあると便利だ。

◆午前3時 車内温度 7度

上半身をシュラフから出しても何とか耐えられる温度。頭までスッポリ入っていれば、まったく問題ない。目が覚めたのは子供が「さむい、さむい。」と騒ぎ出したため。シュラフを頭にかぶせると朝まで起きることはなかった。

一度目が覚めてしまうと、運転席をリクライニングした状態で寝れなくなる。イモ虫状態で上半身だけ助手席側に倒したり、足をハンドルの横に挟んだりしたが正解が見つからない。何気なく肘掛けを倒して腕を置いたところ、なぜか寝苦しくなくなり再度眠りについた。足元にはZIPPOカイロを忍ばせた。ほんのり足元が暖かく寝返り時に邪魔にならないサイズで、このシュラフとの相性は良い。

◆午前6時 車内温度 2.7度 外気温 -2度

寒さで目が覚める。上半身をシュラフから出すとあまりの寒さに驚く。頭までスッポリ入っても寒さを感じるので、零下ではジャージなどもう一枚着た方が良さそうだ。体がシュラフ越しに車のボディに触れると、そこから体温が奪われるように感じた。

家族は2列目3列目を倒して寝たが、完全にフラットではないので体中が痛くなったとの事。車にもマットが必要だった。後にキャプテンスタッグのEVAフォームマットを購入して、キャンプでは朝まで快適に睡眠をとれるようになった。

◆まとめ

購入するまではどのモデルを買うべきか非常に悩んだが、この#3を実際に使ってみると、収納サイズ、価格、3シーズン対応とバランスの良いシュラフです。今も愛用中で、キャプテンスタッグのEVAフォームマットの組み合わせでキャンプだけでなく引っ越しの時にも重宝しました。連結は子供が小さいときに数回使用したけど、長く使うのであれば単純に利き手側を購入するのが無難です。