2012年10月31日水曜日

OM-D E-M5のボディケースを大改造!

 BCL-1580購入後の弊害として、OM-Dの扱いがとても雑になった。速写性が向上する → 普段からバッグに入れず常に手の届くところに置く → 他の物とぶつかる。Σ(゚д゚lll)ガーン
となる前に、OM-Dのボディケースを購入することにした。

ボディケースは、純正品だけでなくサードパーティから様々なタイプが販売されている。1万円以上する物もあるが、それならレンズ資金にした方がいいだろうということで、Amazonで一番安いi-Beansの「PUレザーケース」に決めた。




Amazonのダンボール箱を開けると、ぷちぷちに包まれたPUレザーケースが登場。
厳重な梱包で到着。

三脚ネジ穴に固定するタイプで、止めネジにも三脚ネジ穴が付いている。最初は大きすぎて恰好悪いと思ったが、工具いらずで脱着が簡単なので、これはこれで良い。
OM-Dにさっそく装着。

i-Beansの上部カバー。これは速写性が落ちるので、当面は使う予定はない。しかし、取り外し可能な背面カバーはあってもいいかも。ということで、上部カバーの改造を開始。
どう料理してくれようか

まずは、大胆にカット。織り込んでからミシンで縫うので、少し大きめにEVFにかかるように切る。しかし、結構な革の厚みで織り込んだ後トンカチで叩く必要がありそう。
気軽に始めたことをちょっと後悔。

トンカチは流石に近所迷惑なので、洗濯バサミで折り目をつけることにする。
3日間放置で次第に革が落ち着き始める

続いて、上部カバーの先端部を切る。ここもやはり少し大きめにカットした。
気合を入れてざっくりカット。

これをパンケーキレンズ専用カバーにする。くるりと回して底面のホックを移植して、レンズカバーを手前に降ろせば速写性は保たれる。はず・・・。
装着イメージ。

最初の投稿でプチ改造とタイトルを付けていたが、大改造に変更。(;´∀`)

用途に合わせてレンズを変えるのがデジタル一眼。このカメラケース部品化しているので、用途に合わせて三段階に変化させることができる。

あとは、オリンポス山の部分をどうするか・・・。

その2へつづく。。