2012年5月6日日曜日

スーパームーン撮影!OM-Dで月面のクレーターを撮ろう。

昨夜は、月が最も地球に接近する「スーパームーン」の日。

OM-D E-M5のデジタルテレコンを試してみたくなり、ベランダから月を撮影してみた。使用したレンズは、ZD ED 70-300mm + EC-14 x テレコン2倍。35mm換算で、1700mm相当ということになる。

21時、スーパームーンをデジタルテレコンで撮影。うさぎが餅をついているところは月の海なんだそうな。E-M5 1/320sec F7.9 ISO200

25時、BORG中川氏の推奨設定で再撮影。E-M5 1/250sec F7.9 ISO200

自分が撮影した月は、普段みている月そのままの結果となった。月のゴツゴツした感じを撮りたかったので、オリンパスのBORG特集ページの月面写真が理想的だ。

オリンパスのBORG特集ページより。ペンシルボーグ25でクレーターまで描写している。1/250sec F値不明 ISO100 -0.7

ペンシルボーグ25の実写サンプルのExif情報を見ると、ISO100,露出補正が-0.7。クレーターを撮影するためには、露出を抑える必要があったのかもしれない。ということで、露出補正を変えて撮影したのが以下です。

多少、ゴツゴツしたかな。しかし、BORGの解像力には及ばず。。1/250sec F16 ISO200 -1.7


月がメロンに見えてきた。


2013年6月29日更新
 
アストロアーツ星ナビのサイトに中川氏の連載があります。この連載の中で月面を撮影するための7つのコツが紹介されています。私がスーパームーンを撮影した日はシーイングが悪かったのかもしれません。以下、同じ機材でクレーターを撮れました!


天体写真って奥が深いな。