2012年4月6日金曜日

OM-D予約キャンペーンのメモリ「SanDisk エクストリーム 32GB」購入。

 予約キャンペーンの商品にするということは、OM-Dと相性がいいんだろうということで購入してみた。

Amazonの並行輸入品。
SDメモリとリカバリーソフトのライセンスキーが同梱される。

ライセンスは期限付きなので困ったときに登録しよう。
http://www.LC-TECH.COM/RESCUEPRO 
BコースのSanDisk Extreme 32GB 45MB/s。

キャンペーン品と同じだよね。。

すでに所有していたTranscendのSDHCカード TS8GSDHC6と比較すると、LF画質9コマ連写後の待ち時間が11秒→3秒、RAWであれば23秒→6秒に短縮された。

*   連写モードで9コマ/秒シャッターを切ったあとモニター左上のSDカード書き込みマークが消えるまでの時間を測定。
** E-M5取扱説明書P111のファイルサイズx9枚を測定結果の時間で割った値。

RAW(sec)* LF(sec)* 書き込み速度**
Sandisk Extreme SDHC
32GB HD Video Class10
45MB/s x300 UHS-1
6 3 26MB/s
Transcend SDHCカード
Class6 8GB TS8GSDHC6
23 11 7MB/s

撮影枚数は約4倍となった。MOVIEは、50分→3時間に増えた。

*  下表はすべてカメラの液晶モニタに表示された値。
** LF/LNはE-M5の初期設定で、実はLSF(Large Super Fine)が隠されている。

RAW(枚) LF(枚) LN(枚) LF+RAW(枚) LN+RAW(枚) MOVIE(h:m:s)
Sandisk Extreme SDHC 32GB HD Video Class10 45MB/s
x300 UHS-1
1743 3660 7915 1178 1427 3:17:28
Transcend SDHCカード Class6 8GB TS8GSDHC6 422 908 1964 285 346 0:49:00

サンディスクのエクストリームシリーズは、30MB/s, 45MB/s, 95MB/sと複数ラインナップされている。今回の書き込み速度テストでは、8GB、32GB共にカードスペックまで到達しなかった。つまり、E-M5側は、95MB/sと45MB/sでは大差ない結果になる可能性が高い。 PC側がUHS-Iに対応しているなら、16GB 95MB/sのエクストリームPROも選択肢に入ってくる。