2012年4月25日水曜日

PENにぴったり。オリンパスの単焦点3部作。

OM-D E-M5、PEN E-P3の高性能なカメラボディに相応しいレンズとは・・・。

交換レンズ対応のカメラを購入すると、新しいレンズがどんどん欲しくなる。しかし、財布の中身は無限ではないので、日々妄想を繰り返している。

特にオリンパスの明るい単焦点は、評判が良く魅力的である。それは、MTFチャートを見ても一目瞭然で、実線と破線の曲線が揃っており、自然な描写が得られるボケ味のよいレンズであるようだ。12mmはコントラスト性能が100%に近い。45mmはレンズ周辺までくっきりシャープ。75mmはフォーサーズのハイグレードレンズを彷彿とさせる。

75mm F1.8に至っては、”マイクロフォーサーズのレンズ郡の中では最高の写りをご提供できます”(OM-D E-M5オーナーズBOOK開発者インタビューより)との事で、オリンパスの明るい単焦点レンズ3部作は、間違いなく購入者の所有欲を満たしてくれるだろう。

もし、1つでも買ってしまったら、もれなく3つ揃えてしまいそうだ。幸いなことに購入したE-M5はブラックボディ。「このレンズはPEN用ですよ。」と自分に言い聞かせることで、なんとか我慢している。