2009年11月15日日曜日

実際にオリンパスPEN E-P2を見てきた感想。


今日は、フォトパス感謝祭。話題のE-P2を見てきました。



会場は大盛況で、多くの人が電子ビューファインダーに興味があるようでした。触ったのは、黒いボディに黒い14-42mmズームレンズと電子ビューファインダーが付いているモデル。E-P1と比べて単純にカッコイイ!


電子ビューファインダーは、大きすぎてイマイチなんじゃないかと思っていたけれど、90 度に角度を変えられたり、ライブビューボタンでON/OFFを切り替えられるようになっていて、これはこれで面白い。


ボタン関係は、OK ボタンの周りが親指でくるくる回せるようになっていて、iPodのようで便利でした。E-P1を触った時には気付かなかったなぁ・・・


行列が出来ていたので、新アート フィルターのジオラマで遊ぶのをすっかり忘れてしまいましたが、E-P2はモノとしての完成度が高いような気がする。パナソニックの GF1やE-P1を触った時とは違い、所有してみたい欲望がフツフツと湧いてきた(笑)


家に帰ってからは、会場でもらったカタログを チェック。動画の最長記録は7分で、E-P1と変わらず。ちょっとした記録用であれば十分使えそう。追尾AFも試すのを忘れていたことに気が付いた。


今は、ボディジャケットのおかげで、70-300mmを付けても苦にならないE-420で満足している。マイクロフォーサーズ規格はもっと気軽に持ち歩けるので、小型軽量が好きな人は購入 してもよいのではないかと思う。個人的には、2011年までにラインナップされる軽量の超望遠レンズが気になります。


ぜひオリンパスには来年さらに進化したE-P3を発表して、一眼レフユーザーを大いに悩ませて欲しいと思う。